FX手数料

FXの取引コストが最も安いFX業者とは?

株の取引の場合は、取引コストとなるのは取引手数料だけです (信用取引の場合は金利もコストになる)。

 

それに対して、FXの場合は、取引コストにあたるのは手数料とスプレッドを合計したものになります。

 

つまり、FXの取引コストが最も安いFX業者とは、手数料とスプレッドが最も安い業者ということになるのです。

 

そこで、このサイトでは各FX業者の手数料とスプレッドの合計を一覧表形式で比較しています。

 

この一覧表を見れば、取引コストが安いFX業者が一目でわかるのです

FX業者の手数料

では取引コストが最も安いFX業者はどこでしょうか?

 

実は一部のFX業者 (くりっく365, 大証FX) を除いてほとんどの業者の取引手数料は無料なのです。

 

ちなみに、手数料が有料のFX業者はスプレッドも大きいので全体の取引コストも高くなります

 

したがって、取引コストが最も安いFX業者とはスプレッドが最も小さいFX業者であると言えます。

 

そこで、当サイトでは手数料が無料のFX業者のスプレッドを比較しています。

FXのスプレッドとは?

FX業者のスプレッドを比較する前に、スプレッドについて簡単に説明しておきます。

 

FXのスプレッドとは、Bid (自分が売り注文を出すときに使用するレート) とAsk (自分が買い注文を出すときに使用するレート) の差のことです。

 

ここでは、ドル円の取引を例に挙げてスプレッドについて説明します。

 

USD/JPY
BidAsk
97.9698.00

 

このようなレートの場合、スプレッドは0.04円ということになります。

 

つまり、このレートで1万通貨の取引をする場合には、注文成立時に400円が差し引かれることになります。

 

したがって、FX業者の取引手数料が無料の場合は、取引コストは400円ということになります。

 

取引手数料が無料のFX業者のスプレッド一覧表 (1万通貨未満の取引)

FXのスプレッドは通貨ペアごとに異なります。そして、取引数量によっても変化するFX業者があります。

そこで、当サイトでは主要通貨ペアのスプレッドを1万通貨未満の取引と1万通貨を超える取引に分けて一覧表形式で比較しています。

まず、ここでは、1万通貨未満の取引をした場合の主要FX業者8社のUSD/JPY, EUR/JPY, GBP/JPY, AUD/JPY, EUR/USDのスプレッドを一覧表形式で比較しています。

公式サイトへ USD/JPY (銭) EUR/JPY (銭) GBP/JPY (銭) AUD/JPY (銭) EUR/USD (pips)
SBI FX 0.27 0.69 1.19 0.77 0.59
外為ジャパン 0.3 0.7 1.2 1.2 0.6
ヒロセ通商 0.4 0.7 1.4 1.2 0.7
JFX 0.4 0.9 1.4 1.2 0.7
みんなのFX 0.4 0.6 1.6 1.9 0.9
FXブロードネット 0.3 0.8 4.7 3.6 0.5
マネーパートナーズ 0.5 1.1 1.9 1.5 0.8
oanda 0.6 1.2 2.4 1.2 1.8
公式サイトへ USD/JPY (銭) EUR/JPY (銭) GBP/JPY (銭) AUD/JPY (銭) EUR/USD (pips)

取引手数料が無料のFX業者のスプレッド一覧表 (1万通貨を超える取引)

ここでは、1万通貨を超える取引をした場合の主要FX業者10社のUSD/JPY, EUR/JPY, GBP/JPY, AUD/JPY, EUR/USDのスプレッドを一覧表形式で比較しています。

ちなみに、この一覧表には、1万通貨以上の取引しかできないFX業者のデータも加わっています。

公式サイトへ USD/JPY (銭) EUR/JPY (銭) GBP/JPY (銭) AUD/JPY (銭) EUR/USD (pips)
DMM.com証券 0.3 0.7 1.2 1.0 0.6
外為ジャパン 0.3 0.7 1.2 1.2 0.6
ヒロセ通商 0.4 0.7 1.4 1.2 0.7
JFX 0.4 0.9 1.4 1.2 0.7
SBI FX 0.45〜 0.99〜 1.59〜 0.88〜 0.99〜
みんなのFX 0.4 0.6 1.6 1.9 0.9
FXブロードネット 0.3 0.8 4.7 3.6 0.5
マネーパートナーズ 0.5 1.1 1.9 1.5 0.8
oanda 0.6 1.2 2.4 1.2 1.8
外為オンライン 1.0 2.2 3.0 3.0 1.0
公式サイトへ USD/JPY (銭) EUR/JPY (銭) GBP/JPY (銭) AUD/JPY (銭) EUR/USD (pips)

FXの取引コストが最も安いFX業者

 

1万通貨以下の取引コストが最も安いFX業者

 

SBI FXの公式サイトへ

 

1万通貨以下の取引コストが最も安いFX業者はSBI FXトレードです。

 

1注文の取引量が少ない場合はここが一番取引コストが安くなります。

 

しかし、下図のように取引量が1万通貨を超えたあたりからスプレッドが大きくなっていくので、1回当たりの注文量が多い場合にはあまりお勧めできません。

 

SBI FXのスプレッド

 

 

SBI FXの公式サイトへ

 

 

1万通貨を超える取引のコストが最も安いFX業者

 

DMM.com証券

 

1万通貨を超える取引のコストが最も安いFX業者はDMM FXです。

 

取引量が1万通貨を超える取引の場合、ほぼすべての通貨ペアでスプレッドが最も小さいのがこのDMM FXです。

 

また、DMM FXは2012年のFX取引高世界第2位に輝いており、このこともDMM FXの取引コストの安さと取引のしやすさを証明していると言えます。

 

さらに、DMM FXでは、10,000円が貰える口座開設キャンペーンを実施しているので、この機会に口座を開設してみるといいでしょう。

 

DMM FXの公式サイトへ

 

 

FX キャンペーン

 

http://www.learngermanabroad.com/

 

酵素ドリンク選び方

 

http://www.turismapes.net/

 

 

酵素ドリンクランキング

 

http://www.julioyveronique.com/

 

 

酵素ドリンクの案内所本舗goo

 

http://xn--goo1-4c4czo5f4jzc3105bdqvb9lmopdi84h8tpd51d.com/

サイト運営者情報

サイト所有者名 : 山内 昇

 

メールアドレス : hjhcn656@yahoo.co.jp

 

住所 : 熊本県菊池郡菊陽町原水5547-2